愛犬のために楽しくお小遣い稼ぎ 初心者でも大丈夫!! HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 愛犬情報 > トイプードルの里親になりました!【その3】









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トイプードルの里親になりました!【その3】

image1748.gif そら君とくるみ君 image1749.gif

トライアル期間中に 私なりに2匹の性格をよ~く分析していました。
似ている所と 全く違う所が当然のようにあり 不思議だなぁと思う事もありました。

(※ あまり仲良くないのに たまに一緒のサークルに入っていることがあります。
    だいたい そら君がくるみ君宅にお邪魔していますが なぜなのか・・・?
    そんな時は 扉をちょっとの時間閉めて おやつをあげたりしています。
    そのうち 一緒のサークルで生活してくれるといいなぁ。…と言う写真です。)

140813_2147~010001

まず 似ている所は 臆病 と言う点でしょうか。
お互いが生活する中で 不意に出してしまった物音でびっくりして
吠えはじめる事があり 初めのうちは私も何とかしたいと思っていたのですが
今はかなり適当で『お互い様だから 慣れるしかないよね~』なんて思っています。

そう言えば くるみ君がやってきた当時 2匹をリビングに出したところ
カーペットに点々と おしっこの跡が付いていたことがありました。
くるみ君は 少々マーキングをするので 初めのうちはマナーベルトをしていました。
そのため 確認しても くるみ君では無さそうだったので そら君をトイレに誘導した所
かなり大量のおしっこをしました。
どうやら くるみ君の事を威嚇しつつも 自分がおしっこしている時に来られたら怖いので
トイレを我慢していたらしいのです。
そら君の小心者を表すような出来事でした。

また 甘えん坊な点は本当に似ていて
そもそも 喧嘩になるきっかけは 『どちらが私に優先的に甘えるか』と言う事が多く
嬉しいような 困るような・・・そんな感じです。
でも どう考えても 甘え方が上手なのは くるみ君の方で
「そら~おいでよ」と言っても そら君はずっと一人っ子だったので
いつでも甘えられると言う感覚があるらしく かなりマイペースで
すぐに来ないことがあります。
それを見ていた くるみ君はササッと私の所に来て代わりに甘える。
今度はその様子を見た そら君が怒る・・・。
このような連鎖があるらしく 
同じ甘えん坊でも 集団生活をしたことがある犬と
そうでない犬の違いが 非常にあると感じています。



kuro-pu2.gif くるみ君は頭がいいので 


主人と私は 「とにかく くるみ君は頭が良い」と思っています。
別にそら君が お馬鹿さんな訳では無く そら君とは違った頭の良さがあると思うのです。

DSCN0808_convert_20140819144127.jpg

・・・頭良さそうに見えない写真を載せてしまったのですが(笑)

たとえば くるみ君が私の横でお昼寝をしていたので
そら君を 私の膝の上に呼んだことがありました。
そら君が近づいてきて 膝に乗ろうとした瞬間
くるみ君が 顔を膝の上に乗せて 阻止しました。
もともとは温厚なそら君は 怒らずに諦めて淋しそうに去っていったのですが
『う~ん、くるみ君 頭良すぎでしょ』と 思ってしまいました。
それと同時に 『こいつはなかなかズルいな』 とも(笑)

そら君の立場になって考えてみると
おそらく くるみ君のこう言った性格が 今ひとつ好きになれない要因なのかも。
だって 職場とかにこう言うタイプの人が居たら ちょっとイラッとしますよね(笑)

ひとまずこのような時は そら君に「分かってるからね」と一言かけて
後でゆっくり 一緒に過ごす時間を持つようにしています。



kuro-pu3.gif 今 くるみ君に思う事


私にとって くるみ君は 素直でかわいくて頭の良い とっても良い子です。
でも 【その1】の 記事内に書いたように
動物愛護センターに 大怪我した状態で収容され
しかも 期限になっても飼い主さんは現れませんでした。

その後 病院に連れて行ってもらい 怪我の治療が終わった時 
アルマのスタッフの方が 大きな愛情を持ってお迎えにいってくれたはずですが
きっと 本当に迎えに来て欲しかったのは 『別の人』 だったはずです。

と言うのも そら君が怪我で入院して 退院の際に
「さぁ、お家に帰ろうね」 そんな風に話しかけると
ふっと表情が和らいだのを 私は見逃しませんでした。

きっと くるみ君もこう言った 飼い主さんであれば普通にかけてくれる
一言を待っていたのではないかと思います。

入院当時の事は 私は知る由も無かった訳ですが
私の愛犬になった今 『私が迎えに行ってあげたかったな』
と思ってしまいます。
「くるみ、良く頑張ったね!さぁお家でゆっくりしようね」 って・・・。

もしかしたら いつか このブログが前の飼い主さんの目に留まる事が
あるかも知れません。(かなり確率は低いと思いますが)
その時は 『幸せそうで良かった』ではなく もっと別の事をしっかりと考えて欲しいです。
だって どう考えても くるみ君の性格からすると
前の飼い主さんの事は きっと、絶対に、愛していたと思いますし
一生忘れないと思うので。

どうして迎えに行かなかったのか 本当の理由は分かりませんし
前の飼い主さんが手放してくれたおかげで
私は くるみ君に出会えたので いろいろと胸中は複雑ですが
くるみ君の 昔の事に触れるのは 今回だけにしたいと思っています。


さてさて・・・

写真を見ても分かる通り 黒いトイプードルのくるみ君。
主人と私がつけた名前なので うちに来る前は違う名前で呼ばれていました。
黒なのに 名前をなぜ 『くるみ』にしたのかと 疑問に思われる人も居るかも知れないですね。

名前の由来は・・・

以前 このブログに書いたことがあるのですが
主人と私は Mr.Children が好きで CDを買ったり ライブに行ったりしています。

2003年に発表された曲の中に 『くるみ』 と言う曲があるのをご存知でしょうか。
この曲の 『くるみ』は  『来る未来』 という意味があるそうです。
曲の内容のすべてが あてはまる訳では無いですが
『これからやって来る未来が良いものになるように』 と この名前を付けました。

歌詞の中に

ねぇ くるみ 
時間が何もかも 洗い連れ去ってくれれば
生きることは実に容易い

と言う所があります。

くるみ君の人生も 本当に辛いことがあり
それらは なかなか忘れられるものでは無いと思います。

でも たくさんの方の愛情と善意に支えられて 元気になったので
【僕は本当にラッキーだった】と思って 生きて行って欲しいと思っています。

もっと欲を言えば
【僕の人生は辛い事もあったけど、ラッキーな事もたくさんあった。
中でも この家の子になる事が出来たことが 最大のラッキーだ】

そんな風に 思ってもらえるような生活にしていきたいと
主人も私も思っています。



長々と色々書いてきましたが 2匹とも本当にかわいくて
と~っても 楽しい生活になっております。
最近は 少しずつ仲良くなって来て 一緒に遊ぶこともあります!

DSCN0720_convert_20140819144001.jpg


今後も くるみ君の様子は このブログの中で紹介して行きたいと思っています。
・・・おそらく 【貼るだけ案件】の中に埋もれるように 
砂漠のオアシスぐらいの頻度で、ですけどね(笑)

DSCN0768_convert_20140819144045.jpg


くるみ君 うちの子になってくれて ありがとう!!
秋になったら みんなでどこかに遊びに行こうね☆







↓ ステキなワンちゃんグッズ、揃います☆








応援してね♪
    
関連記事
[ 2014/08/30 09:17 ] 愛犬情報 | TB(0) | CM(3)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/01 11:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/02 14:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/03 16:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aikenokozukai.blog.fc2.com/tb.php/831-3c8779b5













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。