愛犬のために楽しくお小遣い稼ぎ 初心者でも大丈夫!! HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 愛犬情報 > トイプードルの里親になりました!【その2】









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トイプードルの里親になりました!【その2】

kuro-pu1.gif 初めて会った くるみ君

くるみ君とのお見合いには 主人と私、そして そら君で向かいました。
待ち合わせ場所は 越谷市のイオンレイクタウン
7月のとっても暑い日の日曜日だったので 待ち合わせは11時でしたが
もっと早く家を出て お店で涼んで待っていました。

イオンレイクタウンのペットが入れるエリアは案外広く
多くの人がワンちゃんを連れてきている状態で
かなりビックリでした。
たまに買い物に来ることはあったのですが だいたい平日で
あまり混んでいる時に来たことが無かったので。

待ち合わせ時間が近くなってきて 混雑する店内の
遠くの方に 黒いトイプードルを連れた女性が現れました。
主人と「絶対、あの子がそうだよね!!」そんな風に話しました。

なぜなら 体つきが そら君にそっくりだったからです。
そら君は 今流行のトイプードルよりも大きめで
体重は5.8キロぐらい 脚も長めです。
ブログに書いてあった 体のサイズから見ても
だいたい一緒ぐらいの大きさなので 
そら君と色違いのような印象で 非常に分かりやすかった訳です。

小走りで近寄っていき 話しかけてみると やっぱり当たっていました。

ずっとブログで見ていた子に会うって 結構 感激するものです。
憧れていた有名人に会うような・・・ちょっと大げさかな?

その後 アルマのスタッフの方がもう一人やってきました。
お見合いと言っても みんなで普通に楽しくワンちゃんのことを話している感じで
堅苦しい感じではなく
いろいろな情報を聞くことができて とても勉強になった と言う感じでした。
ワンちゃんが苦手な そら君はなんだかずっと大人しかったのですが
特に喧嘩になる訳でもなく・・・と言う感じでした。
その後 帰宅してから トライアル滞在の希望を正式にメールで申請して
それから数日後の8月2日に 我が家にやってきました。


image3708.gif えっ!?そら君って こんな子だったの?


我が家にトライアルにやってきた 黒いトイプーちゃんは
くるみ君 と言う名前で呼ぶことにしました。
くるみ君は 若いはずなのに思った以上に落ち着いていて
初日から普通にフードを食べて 私に甘えてきて とってもかわいい子でした。
環境が変わったにも関わらず 初日から現在まで
トイレの失敗がゼロで 本当に驚きです!!

でも そんなくるみ君を良く思わなかったのが ずっと一人っ子だった そら君です。
(この写真 なぜかテレビ内の とある俳優さんが割ときれいに写っています。)

DSCN0809_convert_20140819144211.jpg

2匹はリビングの別々のサークルに入っているのですが
1日に数回 室内で自由に過ごしてもらう事にしていました。
これまでずっと そら君はこのような感じで過ごしてきたので 
それに合わせてもらう形にしたのです。

しかし 初日から2匹をサークルから出す度に そら君がくるみ君を
ものすごい勢いで追いかけまわして 威嚇をする・・・。
その姿は 飼い主の私が初めて目にするもので 正直 かなり驚き
同時に 引いてしまった。
だって 本当に見たことが無い形相だったんですよ。
興奮して瞼が赤くなっているのが 毛の上からでも分かる感じで
『私の知っているそら君は 温厚で こんな子ではない』と愕然としました。
くるみ君は そら君が嫌がる事はしないタイプの子なのですが
そら君に威嚇されて かなり敏感になったのか その頃よく吠えていました。
あまり最初から 怒ってもかわいそうなので
なるべくなだめるようにしていたのですが
その様子を見て またそら君が怒る怒る。

『徐々に2匹が馴染んでくれたら・・・』そんな風に思っていたのですが
それどころではない そら君の威嚇具合で
3日目ぐらいからは くるみ君もそら君にやり返すようになり
そのうちに そら君、くるみ君、私 の誰かが大怪我しそうで
毎日毎日が憂鬱になって来てしまいました。
誰か友人にでも相談しようと思ったのですが
多頭飼いをしている人は居るものの みなさん円満で
なかなか参考になりそうな人はおらず
ただただ 一人孤独に悩んでおりました。
今は2匹の性格も把握出来てきたので冷静に
『あの時 こんな風にすればよかったのかも』と分かりますが
人生初の多頭飼いで 本当に本当にほんと~に、どうすれば良いのか分からなかった。
『もうトライアルは止めにして、くるみ君は返した方が幸せかもしれない』
そんなことを 主人とも話し合うようになり 1度はくるみ君のトライアルを中止する方向で
話を進めてもらいました。

でも・・・

トライアル中止の決定をした途端に
私の中で 何かが変わったような気がしました。
このまま諦めても本当に良いのか、と考えると後々
後悔しそうな感じで。
主人も私も くるみ君のことは大のお気に入りだったので
居なくなってしまうと思うと 何とも言えない淋しさがありました。

そんなさなか 2匹は朝から大ゲンカ!!
私もさすがに頭にきて
そら君に「いつまで喧嘩するつもりなの!※×☆△・・・(何といったのか忘れましたが)」
くるみ君には「結構 吠えてるけど 吠えるとドンドンそら君に嫌われちゃうんだよ」
と言うような事を言って 叱ったのです。

すると その直後から そら君の威嚇が減り
くるみ君は 私の言葉によく耳を傾けてくれるようになりました。
私が言った内容が良かったのではなく
だいぶ2匹の性格が分かって来て コントロールが効くようになって来たのだと思います。

『これならトライアルがつづけられるかも・・・』

なんとなく 光が差してきたような感じがする出来事でした。
トライアルを止めると言ったり 続けると言ったり
非常にご迷惑をおかけしましたが
今は 本当に諦めなくて良かったと思っています。

と このように 私の多頭飼いは波乱の多いスタートでしたが
全ての人がこのようになる訳ではないので これは 【あくまでも一例】です。
私のように 頭も要領も悪い人が 不器用に挑むと 
ワンちゃんたちやたくさんの人に 多大なるご迷惑をかけてしまう・・・
そんな感じでしょうか。

結局 2匹はあれほど喧嘩しましたが 幸い怪我などは無く
唯一 怪我をしたのは私で。
気付けば 腕は傷だらけ 脚には点々と青あざが出来て 
非常に悲惨な事になりました。
まぁ 今はすっかり良くなって 跡形もなくなりましたが 
夏で薄着だったのが まずかったですね。
「DVじゃないか」と疑われないように(笑) 外出の際は暑い中
長袖に黒レギンスで脚を隠すと言う 服装で出かけていました。


不思議な事に 家ではとにかく悪い雰囲気だったのですが
2匹一緒に散歩に行くと 驚くほど円満で 最初から何の問題も無かったです。

140810_0944~010001


『もうこのまま家に帰らない方がいいかも・・・』
そんな風に真剣に思った事もありましたが 
とにかく猛暑だったのでそれはできませんでした。
もっと良い季節だったら 気分転換にたくさん散歩に行ったりできたのになぁ
と思いつつ トライアル期間中も毎日楽しく 朝夕の散歩には行っておりました。


※ 保護犬の間は 首輪を2種類着けて 各々に迷子札を設置していました。
  そのため 散歩の時のリードも2本でした。(ピンクと赤のリードを使っています。)
  正式譲渡となって 首輪の一つを取った時 『うちの子になったんだな~』と
  もの凄く実感がわきました。
  

【その3】に続く・・・



くるみ君ご愛用のトイレはコレ





応援してね♪
    
関連記事
[ 2014/08/29 09:13 ] 愛犬情報 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/29 10:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aikenokozukai.blog.fc2.com/tb.php/830-58d92559













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。